個人中古車販売店、査定のトラブル

w4d8w4

w4d8w4

3年前初めて自分で買い取り査定をお願いしました。お願いしたのはそれまでのっていた中古の軽自動車です。とても気に入っていたのですが、結婚が決まり、嫁ぎ先に車が十分な数揃っていたので買い取り査定をお願いすることにしました。それまでは新しい車を買うときに、そのお店でそのまま買い取ってもらっていたので、何社か査定をお願いしたことはありませんでした。でも結婚後専業主婦になる予定だったので、自分のおこづかいにしたいと思い5社に査定をお願いしました。1つはその軽自動車を購入した個人中古車販売店、2社は国産車のディーラー、2社は中古車販売の全国チェーン店です。はじめは何社回っても金額に大差はないんじゃないかと思いましたが、何と5社で3万円もの差がでました。話を聞いてみると、タイヤとアルミホイールの値段がつくかつかないかだったり、傷の数が会社によってカウント数がことなっていました。これには私もびっくりで、今まで何年も知らなかったことを悔やみました。何社も回るのは時間がかかり大変でしたが、少しでも高い金額で買い取ってもらえて良かったと思います。女性は車の知識がない人が多いので、車を売る友達がいたら今回の経験を教えてあげたいと思います。

一括査定サイトを利用

wse7dw78d4w

wse7dw78d4w

結婚したことで車が2台となったことから、1台を買取りに出すことになりました。当時は結婚直後ということで手間を掛けてでも高く売りたかったので一括査定サイトを利用しました。

必要事項を記入して申し込みを行うと、その直後から提携している店舗から一斉に見積もり額を提示されてきたので、私は見積もり額が高かった3社に絞って実車を前にしての査定を行うことにしました。事前にお店の方には3社へ査定に行く事と、1番買取り価格が高かった店で売却することや、後だしジャンケンが出来ないように他の店の価格は教えないことも伝えていました。

翌日になると査定額が変わることもあるので、1日で3店舗回るのは時間的ハードでしたが、お店の方は徐々に値段を引き上げて客が納得する価格に合わせていくといった手段が使えず、1発回答で限界の買取り価格を提示する必要があるので、お店と私の間で緊張感があり、この方法は手間は掛かりましたが高価買取りに結びつく方法だと思います。

残価設定が16万円の一括査定トラブル

d1w74

新車の購入の目途が立ったので、現在乗っている愛車の売却を検討しました。査定を頼んだ車は、中古で購入して約3年間所有した10年落ちのワゴン車です。走行距離も10万キロを超えてたので期待は大きくはありませんでしたが、まずは、購入した地元の中古車ディーラーに査定をお願いしました。

 ローンを組んであり、残価設定が16万円だったのですが、あと1年間ローンが残っている状態なのに12万3千円と査定されてしまいました。特に車は弄っていないのですが、残念な結果です。走行距離が思ったより多かったとのことです。そこでディーラーが言うには、買い替えをすればプラスで18万円できると。根拠も分かりませんでしたし、私は新車の購入を決めていたのでそれはお断りしましたが、その査定が終わった後はとにかくしつこく迫られました。その場をやり過ごすので手いっぱいでした。後日になっても電話が何度も来て、非常に不快な思いをしました。もちろん、そのディーラーには二度と行きません。

翌年の2月に新車を購入

x41cd8dw

x41cd8dw

“平成28年1月頃、初めて当時乗っていた乗用車の査定価格を出してもらいました。平成20年に新車で購入した乗用車で、11万キロを超えているものでした。子供たちが小さな頃から乗っていたので、車内の汚れもありましたし、ドアのへこみを直した修理歴もあります。バンパー部分に多少の傷もありました。ディーラーで見てもらったのですが、300万円近くで購入した乗用車は20万円でした。状態からしてとても高い金額はつかないだろうと予想していたものの、予想以上に低くてとてもショックだったことを覚えています。
それならば乗りつぶそうということになり、それから1年間は狭さを感じつつも乗っていました。そして、翌年の2月に新車を購入することを決断し、再度査定してもらいました。しかしこの1年の間に、左後ろのドアをぶつけられてしまい、大きくへこんでいました。更には距離数が伸び、13万キロ超えていました。1年前と同じディーラーで査定してもらうと、なんと2万円とのことでした。ショックを通り超して笑ってしまうほどでした。他にも買取専門業車にも査定を頼みましたが、3万円が限度でした。仕方なく3万円で売り、新車でワンボックス車を購入しました。”

車を一括査定で下取りに。査定額は・・・

SUVを購入しました。
そして私は乗用車とSUV
2台持ちのリッチ生活が始まりました。
1台はイベント用で、もう1台は通勤用、
これでイベント用の車を
通勤などで傷つけたりすることがなくなりました。
そして、僕は当時付き合っていた彼女と2人暮らしをする事になり、
金銭面的にも厳しくなると思い、
イベント用の車を買い取りに出す事になりました。
コテコテに改造した車、
いくらで買い取ってくれるか気になりました。
できるだけ純正に戻し、使えるパーツは売りました。
査定額は20万、外装は何回も塗り直しているので
いい評価でしたが、
内装をスウェード生地で張り替えていましたので
内装での評価は低めでした。
お店の人からは内装やってなかったら40万はいってたよ!
って言われました。
改造車はどこもあんまり買い取ってくれないよと
友人たちに言われていたので
車の改造も綺麗であればちゃんと買い取ってくれる事が
わかり安心して
買い取ってもらい、次のオーナーさんへ渡っていきました。

バイクだって一括査定で高額を獲得できるんだ

私はバイク2台に乗っていたのですが、引越しするのをきっかけに維持するのが難しくなると思い、売る事を決めました。1台は通勤にも使用していた原付二種。もう一台は休日などに乗っていた400ccのアメリカンです。会社の上司に軽トラを借り、お店に持って行って査定してもらいました。整備士の資格も持っていて、どちらの車両にも愛着があったので、綺麗に整備して持って行きました。その甲斐あってか、思っていた以上に高額の査定になり驚きました。売ってしまうとはいえ、何年も乗ってきた車両だったので、それなりの金額になって嬉しかった気持ちの反面、バイクを手放すという事に少し寂しさも感じました。店員さんとも話したのですが、買い取った車両はオークション会社に出され、次のバイク屋さんに行くことが多いみたいで、どんな人の元へ行くのかは分かりませんが、大事に乗ってもらえたら嬉しいなと思いました。また、出張買い取りも行っているお店も多いようなので、自分で持っていくのが厳しい方でも気軽に買い取りしてもらえるのだと感じました。

一括査定に騙されるな!10万20万アップは交渉次第

車の査定を行いました。相場を知りたかったので、ネットで一括査定の申し込みをしました。ある一軒の査定会社から夜遅い時間でしたが即座に電話がかかってきてびっくりしました。車種や年式、走行距離を伝えましたが、結局は一度車を見ない事には値段は言えない、との事で、ひとまず電話を切りました。翌日、近くの中古車販売店に直接出向き、1軒目のお店で「36万円」と言われましたが、思ったより安かったので帰ろうとすると、「今すぐ決めてもらえれば40万にします」と、値上げしてきたので、他の店ではもっと高いのでは?と思い、もう一軒別の店に査定してもらいました。するとそこでは「50万」に。ほぼ希望していた額だったので、即決し売却しました。その間も、ネット一括査定で最初に電話をかけてきたお店がしつこく何度も何度も電話して来ましたが、あまりにもしつこいので、結局そこのお店に査定に行くことはありませんでした。査定も直接買取店に何店か足を運んで決める事が大事だな、と思いました。

一括査定は注することが多い、間違えたら怖い

自家用車を売るのに、買取査定会社2社に見積もりしてもらいました。あいにく、1社目の査定が終わらないうちに2社目が到着してしまい、2社で見ているうちにお互い何となく競争するような雰囲気になっていました。結局、2社目が頑張ってくれて、1社目が「うちにはその値段は出せない」と敗北宣言?することになり査定は落着しました。その後の手続きもとても手馴れていて、安心してお任せでき、一連の書類作業も面倒を一切感じることなくスムーズに完了し、ありがたかったです。
昨年の夏、また買取査定をお願いしようと、一括査定サービスに連絡しました。電話を切った直後からあちこちから電話がかかり続けたのにはちょっと驚きました。最初の2件とアポイントを取ったのですが、その直後に急用が発生してキャンセルせざるを得なくなり、連絡をしたところ、「すでに向かっている」との返答。来て頂いても対応出来ないので、無駄足にならないよう伝えてくださいと依頼して通話を終えました。それにもかかわらず、しばらく後、業者が到着。状況を説明したらその方は大変快く大丈夫ですと言ってくれたのですが、その直後会社の方から「依頼しておいてムダに帰宅させるとはどういうことだ!!」とすごい剣幕で電話が来ました。一方的に同じことを責めてきて説明しても聞く耳を持たず、電話番号を変えて執拗に電話をかけ続けてきて恐い思いをしました。訪問担当者が感じが良かっただけに、残念で割り切れない思いをしました。

1万か廃車か?一括査定で10万になりました。注意する点

私は、3年前に、7年落ち・走行23,000kmのハーレーダビッドソンのスポーツスター883(無事故・無修理で、乗り出し価格は100万円弱)をバイク王に売却しました。バイクの状態は極上と言えるものでした。ただ、ひととおりのカスタムをしていたので、それが吉と出るか凶と出るかは未知数でした。それでも、雑誌の広告には「~50万円」と書かれてあったので、それなりに期待はしていました。
因みに売却した経緯は、結婚して実家を出たのですが、引っ越し先のマンションがバイクの駐輪禁止だったからです。

当初の査定としては、10万円しか出ませんでした。私としては、カスタムのし過ぎが原因かと思いました。しかし、相手方にカスタムのし過ぎは指摘されませんでした。
ただ単に、「車は5年・50,000kmで、バイクはその半分で価値が格段に落ちてしまいますので…」と言われました。

ただ、私はマフラーを純正も含めて4本(どれもほとんど新品)持っていて、担当者はそこをかなり評価してくれました。さらに、カスタムした純正品もほとんど保管していたことにも好感を持たれたようです。そして、最終的な買取り額は21万円になりました。
以前から、カスタム時には純正品は保管しておくのがセオリーだと聞いていましたが、それはどうやら本当のようです。

一括査定は交渉次第で10倍になる

乗っていたバイクを売却することになり、少しでも高く売る為に一括査定サイトを利用しました。
申込みをした直後から多くの会社から査定額の連絡があり、その価格も会社によって20万円ほどの幅がありました。私は売却に時間を掛けたくなかったので、連絡が来た会社の中から査定額の高かった3社を選び、同じ時間に家に来てもらうことで、その中で1番の高値を付けてくれる会社へ売ることにしました。

自宅前に買取り業者のトラックが集結し査定が開始されましたが、各社見ている部分は基本的に同じで和気藹々とした雰囲気で進んだのが意外でした。
30分位で実車の査定が終了し、私の最低希望買取価格を基準にして各社の買取価格を1発回答で答えてもらう形にしたのですが、私が調べていた予想買取価格よりも10万円ほど高く売ることに成功しました。
これには余談があり、買取業者の担当者が私のバイクを個人的に買いたいということで、会社の社長に相談して相場よりも少し高い金額を提示したらしく、私の想像よりも高くなったとのことです。