車買取査定 注意点

どういう基準で査定をするのか

更新日:

これまで自分が大好きで乗ってきた車も、今年で9~10年目となり、12月で車検となります。年数的にはまだまだ乗れるし、これまでリコール以外の修理も皆無でエンジンも快調・燃費も良いんだけど、問題は走行距離でした。通勤距離が片道50キロ弱なので往復で約100キロ。これを6年続けた+諸々で、今年でトータル23万キロ近くの走行距離。それに加えて次の車検(11年目超)頃から税金が強制的に上がるという事を知ったので、これは買い替えでしょうって事で悩みながらとりあえず検討を始めました。でも、正直査定は全くアテにしてませんでした。だって走行距離が23万ですよ。そうでなくとも、数年前に冗談で現状の価格を聞いたら(当時19万キロ)で「5~6万です」って回答。幾ら車体を綺麗に保ってエンジン快調でも絶対今じゃ「カス」みたいなもん。逆に引取り料金取られたりして(笑)なんて事で、次の候補車の件で修理屋に来てくれたT社の若い営業さんが「査定しても宜しいですか?」の一言。こっちとしては「どうぞどうぞ」って心境です。結果は判ってます(笑)で、じっくり見て帰った後日、届いた見積もり書をみて驚き!「6万円」の価格が付いてました。1~2万円になれば上出来だったのにどういう基準で査定をするのか非常に不思議です。その分、次の車に上乗せされているのか?謎は深まるばかりです。

  • この記事を書いた人

電山(DENYAMA)

電山です。よろしくお願いします。

-車買取査定 注意点

Copyright© おすすめ!車買取 一括査定サイトを人気順でご紹介!「買取マスター」 , 2020 All Rights Reserved.